2014年1月アーカイブ

オンナにとってはムダ毛はまさに天敵!ゲームで言うならラスボスですよね!男性はムダ毛があっても何も言われないのに、女性はちょっと処理をさぼっただけで引かれてしまうんです。

悲しいことに私は女性とは思えなくらいムダ毛が濃いので、ムダ毛には長い間悩まされてきました。脚も濃いですしワキも濃いです。腕はそうでもありませんが放っておくとかなり伸びます。

それから普段は見られることはありませんがVIOもものすごく濃いんです。この部分が濃いと特に困るのが生理の時ですね。とにかく蒸れるし痒いしで大変です。夏は地獄のようになります。

そのため水着なんてもってのほか、普通の服に関しても肌が出るものは着られません。まだここまで濃くなかった頃は当たり前のようにハーフパンツを履いたりしていたのですが、今ではヒザ下を出す服装ができなくなってしまいました。

なので夏でもジーパンなどで肌を隠しているんです。暑いしつらいですが、隠すしかありません。濃いなら処理をすればいいのでは、ときっと思う方もいるでしょう。

しかしここまで濃いと処理をしてもキレイにならないのです。カミソリで剃ると黒い剃り残しが目立ちますし、毛抜きで抜くと今度は生えてきた時に埋没毛になってしまいます。

一応、ムダ毛の処理はしているのですが、どうしても処理しきれないものです。

脇の下はもちろん、腕や足などは処理しやすいからいいのですが、そのほかの部分となると処理をすることが大変なこともあります。

だから、全身のムダ毛を本当は処理したいのですが、満足に処理はしていない状態です。

もしも、ムダ毛がなかったら、キャミソールを平気で着てみたいものです。

ムダ毛が気になるので、あまり露出の高い洋服は着たいとは思わないのですが、ムダ毛がなければ堂々とキャミソールだって着ることができます。

外に行くときにキャミソールだけということはどんなに暑い日であったとしてもありません。また、水着もビキニを着てみたいと思います。

ビキニなんて、かなり肌を露出していますから、ムダ毛が気になっていたら着ることができません。でも、ムダ毛がないのだから思い切ってビキニだって着ることができるでしょう。

海やプールに行って、ビキニを着て泳いだりできたらいいなって思ってしまいます。夏になるたびに、ムダ毛さえなければって強く思います。

全身のムダ毛の処理ともなるとどうしても大変ですから、もしもムダ毛がなかったらって想像してしまうことも少なくありません。

ムダ毛の自己処理方法は、パーツごとに変えています。

手っ取り早くムダ毛をなくす場合、カミソリを使ってムダ毛を剃り落とすのが効率的なのですが、カミソリは切れ味が良いだけあって、お肌への負担が計り知れないのです。

腕や脚など、それほどデリケートでない部分であればカミソリを使ってムダ毛を処理してしまうのが一番ですが、フェイスラインやワキなどといった肌トラブルが起きやすい部分はカミソリで処理するのは適切ではないのです。

デリケートな部分のムダ毛処理は、毛抜きなどを使って時間を掛けて処理をします。

もちろん、毛抜きで処理をする場合でも、お肌への負担は避けられません。

しかしカミソリで処理するよりは、余計な負担を掛けずにムダ毛の処理を行なう事が出来ます。

毛抜きで処理をする場合、必要以上に力を掛けて毛を抜いてしまうと毛穴の広がりの原因や、色素沈着などといった肌トラブルに発展してしまう可能性があります。

そういった事を防ぐ為に、一気にムダ毛を抜いてしまうのではなくて、お肌を休めながら少しずつ処理しています。

パーツごとに処理方法を変えるようになってからは、ムダ毛の自己処理を行なって肌トラブルに発展するという事もなくなりました。

私は女性です。私は昔から、妙にムダ毛が多いと思います。特に気になるのは、手の指と足の指に生えているムダ毛です。

女性で、手足の指にムダ毛が生えている人って、ほとんといないような気がします。手足の指のムダ毛は、ハンドクリームを塗って、かみそりで剃っています。

2日に1回は剃っています。
本当に疲れます。

それから、次に困っているムダ毛は、鼻の下に生えるムダ毛です。これは、男性なら「ひげ」と言うのでしょうが、女性が生やしっぱなしにしていると、とってもみっともないですよね。

鼻の下のムダ毛は、毎朝出かける前に必ず剃っています。ものすごく疲れます。

それから私は、まゆ毛の「まゆげ部分」以外の所にも、まゆげのような太い毛が生えます。

まゆ毛周辺に生えるので、それもまゆ毛だと言ってしまえばそうなのかもしれませんが、どう考えても、まゆ毛2?3本分くらいの太さの範囲に毛が生えるんです。

なので、毎日、まゆ毛1本分の太さだけになるよう、無駄に生えた部分は、かみそりで剃っています。

まゆ毛と目の間(まぶた部分)にもたくさんまゆ毛みたいに太い毛が生えるので、その部分を剃るのは、怖くてなかなか上手くいきません。

このように私は一生ムダ毛と付き合っていくしかないです。

はじめまして。

女性の美についていろいろな考えを投稿していきます。

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。